気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

原因不明の皮膚病。好酸球膿疱性毛包炎の症状と回復までの経緯。

こんにちは。


現在は、完全に回復していますが好酸球膿疱性毛包炎(こうさんきゅうせいのうほうせいもうほうえん)という名の皮膚病にかかっていました。


私の場合、左目の下あたりに蚊にでもさされたような丸い赤い腫れがあらわれたのが始まりです。


なぜ急にこの皮膚病にかかってしまったのかが全く不明のまま、長い間悩まされていました。


病院に行っても、特に原因は特定できず薬を処方されるのみでいつになったら治るのかが見通しがなくとても不安だったことを覚えています。


そのため、同じようにこの皮膚病で悩まれてい方がいらっしゃれば少しでもお役にたてれば幸いです。


好酸球膿疱性毛包炎の初期症状から、回復に至るまでの経緯についてご紹介します。

好酸球膿疱性毛包炎とは

好酸球性膿疱性毛包炎(EPF)は、顔面などの毛包にかゆみを伴う好酸球性の膿疱が再燃する疾患である。


膿疱内容物に多数の好酸球が存在し、インドメタシンが有効である。しかし病態についてはほとんど明らかにされていない。


引用:難病情報センターより


難しい内容ですが、毛穴に何らかの理由で好酸球という白血球が集まって、皮膚に膿がたまった膿疱を形成する皮膚病になります。


また、激しいかゆみを伴うのも特徴の一つです。


現在も原因について研究を進めているるようですが、いまだに解明されておらず、珍しい病気のひとつです。

初期症状


初期は、左目の下あたりに蚊にでも刺されたような、丸い赤い腫れができたのが始まりでした。


特に気にしてはおらず、明日になれば治ると思っていましたが、翌日になっても腫れは引いていませんでした。


その時はまだそこまで痒みがない状態でしたので、気にもしていませんでした。


2日経つと腫れが引いていたので、軽い蕁麻疹かなと思っていましたが、さらに2日ほどたった朝、また、丸い赤い腫れが同じ場所にできていました。


今回も、2、3日経てば腫れが引くと思っていましたので、特に何もせずにほったらかしにしていましたが、その丸い赤い腫れが1つ、また1つと左目の下に増えていきます。


そうなると、徐々に気になり始めてかゆみも大きくなってきたので、無意識でも触ってみたり、爪で押してかゆみを抑えていました。


触ったり押してみたりすることで、腫れが大きくなるスピードに拍車がかかってしまったと思います。


1つ1つの腫れが大きくなることで、次第に一つの大きな丸い腫れとなり、直径4センチほどの大きさになっていました。


市販の薬での完治は難しいと思い病院へ行くことにしました。


病院では腫れている箇所に穴をあけサンプルを採取し検査へ。


検査の結果「好酸球性膿疱性毛包炎」と診断されました。


痒み止めの塗り薬とインデバンSP(痛みや炎症を抑える薬)を処方され、
飲み薬で症状を抑える方法で治療を開始します。



ピーク時の症状


直径4センチの腫れは、どんどん膨らみ色も赤から薄紫色に変色していました。


左目の下の腫れが非常に目立つため、いつもマスクをしていましたが、マスクが腫れに触れると痛くて、ずっとマスクはしていられない状態です。


また、薄紫色に変色してからは、膨らみが皮膚の感触ではなく、少し硬くなっていました。


パンパンにふくらんでいるため、中の膿がニキビのようにポツポツと白い斑点状に表面に現れ、膿が勝手に潰れて、中の膿と血が流れてきます。


このピーク時が、一番激しいかゆみと、腫れている箇所のケアが必要なため、痒みで夜も眠れなかったり、常に痒みに耐えていなければならなかったため、精神的にも参ってしまい、いつもイライラしていました。


この時期が一番辛いです。


痒みが出たときは、毎回塗り薬を塗ることは徹底していました。


また、痒みはあるので腫れている箇所が触りたくなるのですが、絶対に触らないように気を付けていました。


触ってしまうと、そこからさらに菌が侵入してしまう恐れがあるからです。

回復へ


飲み薬を始めてから、半年程たった頃から腫れている箇所に少しずつ変化が現れました。


まず、パンパンに張っていた膨らみが徐々におさまっていき、薄紫色も元の赤色に戻っていきます。


同時にニキビのような白い斑点がなくなり、中の膿がなくなっていくのがわかりました。


4センチほどあった腫れは、中央から腫れが引いていくため、ドーナツのような丸い円になっていました。


最終的には、ドーナツ型の腫れもすべて無くなり、左目の下は何もなかったかのように綺麗に元の状態に戻りました。


たまに左目の下に痒みがでるときがありますが、その度に、この時の事を思い出しなるべく触らないように心がけています。

まとめ


好酸球膿疱性毛包炎は、激しいかゆみが伴うため、かゆみとの付き合い方が非常に大事になります。


早めに病院で診察を受けて、なるべく早い段階から飲み薬での治療を開始できれが、回復までにかかる時間が短縮できる可能性があると思います。


ご自身で判断せずに、まずはお近くの医療機関で受診うける事オススメします。


そして、痒みの箇所は絶対に触らない事!


これに尽きると思います。


多くは発症していない病気かと思いますが、同じ思いをしている方がいらっしゃれば、少しでもお役に立てれば幸いです。


ではでは~