気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

人生初の潮干狩り!失敗したことや学んだこと。用意するべき道具について。

f:id:naRTmo:20190609223830j:plain


こんにちは。


先日、人生初めての潮干狩りに行ってきました。


なぜ、今まで潮干狩りに行かなかったかというと・・・


貝が苦手なのです。


富津海岸潮干狩り場


千葉県富津市にある、富津海岸潮干狩り場へ行ってきました。


冨津海岸潮干狩り場 公式HP


車でのアクセス

館山自動車道木更津南ICから「冨津岬方面へ」15分程です。

公共交通機関でのアクセス

JR内房線青堀駅下車「富津公園行き」バス終点下車、徒歩1分程です。


f:id:naRTmo:20190609220021p:plain

潮干狩りに準備したもの

冨津海岸へ到着したのは11時頃。


無料の駐車場が用意されていたが、案内されたのは、第4駐車場だ。


車の他に団体のツアーバスが数十台も止まっているのが見えた。


これは相当な混雑が予想される。


早速着替えるところだが、私は特に着替えることはない。


普段着でやる気満々だからだ。


唯一用意したものは、日差しが強いという情報から帽子とマリンシューズ、そして熊手は用意した。




撥水およびシワ加工がされており、更に16色も展開されているため選びたい放題だ。

首紐があるので風が強くても飛ばされる心配なし。



値段が、1,290円と非常にお手頃だったため、迷わず購入した。


大五郎 忍者熊手

大五郎 忍者熊手


忍者だけに、これで問題ないであろう。


値段も216円だ。


この帽子とマリンシューズにTシャツ+ジーパンで潮干狩り場、いやあえて狩り場と呼ぼう。


狩り場へ入るためには、長蛇の列に並ぶ必要がある。


並んで周りを見渡した。


Tシャツ+ジーパンの組み合わせで狩り場に向かう人は一人もいない。


冷たい一滴の汗が滴り落ちる。ゴクリ・・・


皆、短パン(海パン)にラッシュガードという組み合わせだ。


濡れてもよい服装のため、膝をついて海に入って貝が探すことができる。


私は濡れるわけにはいかない。


なぜなら、


濡れてしまったら帰ることができないからだ。ゴクリ・・・


これは、服装から失敗してしまったようだ。


とりあえずジーパンを膝までまくった。


これで膝までは海に入ることができる。


受付で、貝を入れる網を受け取り、いざ狩り場へ!


次回、狩り場編へ。


ではでは~