気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

20年ぶりの紙幣刷新!新紙幣の顔となる3人は経歴とは。

こんにちは。


昨日、スマホのポップアップにニュースが飛び込んできました。


「紙幣刷新へ 1万円渋沢栄一、5000円津田梅子、1000円北里柴三郎」


すみません。。。


3人とも名前を聞いても、ピンとこない方ばかり。私だけ?


いや、知らない方も多くいるのではないでしょうか。


今回発表された紙幣刷新は2024年から流通させる方針で、刷新が実現すれば現紙幣の流通が始まった2004年以来の20年ぶりになります。


って、まだ5年もあるので、少し先のお話です。

1万円札 福沢 諭吉 → 渋沢 栄一

【渋沢 栄一】
江戸時代末期に武蔵国(現在の埼玉県)の富裕な農家に生まれる。一橋慶喜(後の江戸幕府15代将軍・徳川慶喜)に仕え、幕臣としてパリ万国博に派遣される。明治維新後は民部省に勤めて貨幣や銀行の制度の調査立案を手がけた。退官したのち、第一国立銀行(現みずほ銀行)、王子製紙、東京海上保険(現東京海上日動火災保険)をはじめ約500社の設立にかかわり、「日本の資本主義の父」と呼ばれる。慈善事業や国際交流にも取り組み、身寄りのない子供らを育てる養育院の院長も務めた。


数々の企業を設立し経営した実業化で、「資本主義の父」と呼ばれた「渋沢 栄一」が1万円札の顔となります。


諭吉さん、さようなら。


1万円札を「諭吉」と呼んでいたけれど、もう呼べません。


「諭吉」とは仲良くなれなかったので、「栄一」とは仲良ししたいものです。

5千円札 樋口 一葉 → 津田 梅子

【津田 梅子]
1864年、のちに農学者として活躍する津田仙の次女として江戸に生まれる。満6歳だった71年、岩倉使節団に同行して渡米し、日本で初の女子留学生となる。11年後に帰国。華族女学校の教授などを経て1900年、私塾「女子英学塾」(現・津田塾大学)を創立し、開校式で、英語力のみならず高い教養を身につけた女性「オールラウンドウィメン」を目指すようあいさつ。女性の教育と地位向上に努めた。女子専門教育の先駆者と言われる


津田塾の創設者である、「津田 梅子」が5千円札の顔となります。


女性から女性への変更で、2人とも学問に力を入れていた方ですね。


5千円札はいまのところ、「女性」と「学問」がまつわる人が選ばれてるようです。


2人とも着物を着ていたせいか、変更になってもあまり違和感はないですね。

千円札  野口 英雄 → 北里柴三郎

【北里 柴三郎】
1853年、熊本県生まれ。熊本医学校(現熊本大学医学部)、東京医学校(現東京大学医学部)などを経て、86年から6年間、ドイツへ留学。留学中の89年に破傷風菌の純粋培養に成功し、破傷風菌の毒素を弱める「抗毒素(抗体)」を血液中から発見。これを注射することで感染症の症状を抑える「血清療法」を切り開いた。「日本の細菌学の父」と呼ばれる。伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)を設立する際には今の1万円札の福沢諭吉の支援を受け、今の千円札の野口英世が一時、ここに勤めた。1914年に私立の北里研究所を設立するなど人材育成にも力を注いだ。


日本近代医学の父と呼ばれる「北里 柴三郎」が千円札の顔となります。


千円札は今のところ「医者」にまつわる人が選ばれているようです。

まとめ


新しい紙幣を手にするのが非常に楽しみになりました。


世界トップレベルの「偽造防止」の新しい技術も取り込まれているようですので、その技術も確認したいものです。


って、1枚忘れていませんか。


そう、2千円札です。


流通数が少ない理由で、今回、2千円札は刷新の対象にはなっていません。


政府は「決して記念紙幣ではない」とは言っているものの、ちょっとかわいそうな気がしますね。。。


忘れられている感は否めませんね。


聖徳太子の1万円札を持っているので、今回も、福沢諭吉も含め、樋口一葉と野口英雄の紙幣もコレクションとして保管しておこうと思います。


ではでは~