気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

新幹線の券売機で恥さらす!!

こんにちは。


先日、何年かぶりに新幹線に乗る機会がありました。


仕事とかプライベートでも、ほとんど新幹線を利用する機会がなかったので、大人のくせにちょっとワクワク!


東京駅発の新幹線で、集合場所は目的地の駅集合とのことで、乗る新幹線と出発時間は決まっていました。


私は、集合時間が決めれれていると30分前には到着していなと不安なタイプなんですが、今回は、新幹線の切符を買う必要があるので、少し早めの1時間前に到着できるように家を出ています。


家を出発し東京駅に到着したので、早速新幹線の切符を買うためにみどりの窓口へ。


基本的に私はみどりの窓口で切符を購入します。


券売機もあるのですが難しくて使ったことがありません。



f:id:naRTmo:20190402023117j:plain


ところが、平日にも関わらず緑の窓口が長蛇の列。


長蛇の列、、、いや、長蛇の列!!


日本の方も大勢いましたが、外国の方も大勢いて、この列どこまで続いているのかわからないくらい。


東京ディズニーランドのような長蛇の列です!


この状態を見た瞬間、間に合わないかもしれないと思ったら最後、不安という心が一気に全身を駆け巡ります。


心臓バクバク、額には変な汗、もっと早く家をでていればと後悔。


(こういうことがあるから、家を出る時間がどんどん早くなっちゃうんですよね。)


1時間もあるはずが、1時間しかないに勝手に変換。


f:id:naRTmo:20190402023152j:plain


パッと隣を見ると、すぐ横に券売機があることを発見しました。


券売機は、緑の窓口ほど混んでないなかったので、券売機で購入できるなら間に合いそうですが、そうなんです、私は券売機で購入したことがないんです。


券売機で並んでいる間も着々と出発時間が過ぎていきます。


購入の仕方がわからないので、前の方の操作方法を見て覚えようとしましたが、券売機自体の幅が広くなく、さらに券売機と券売機の間隔も狭いので、操作方法を確認ができません。

ただ、操作している人たちはそれほど時間もかけずに簡単に切符を購入しているようでした。


これなら大丈夫かと思っているうちに、とうとう私の順番が回ってきました。


いざ尋常に勝負!


ところが、画面の操作方法の通り進めているにも関わらず、クレジットカードが入らないわ、クレジットカード以外のカードを入れてくれとか言われるわで、完全にテンパりました。


どれくらい券売機の前にいたんでしょうか。


何度も最初からやり直しているうちに、ふと、背中に視線を感じるようになりました。

そうなんです、後ろには並んで待っている人がもちろんいるんです。


視線を感じれば感じるほど、、、もうここから逃げ出したい!


というか、逃げ出しました。


恥ずかしー


この時点で、残り30分。


うわー!やばい!!


とはいえ、新幹線の切符を買わないといけないので、再度券売機に並びながら、券売機の操作方法の復讐(復習) です。


さっきは気づかなかったのですが、よく見てみると私のように切符が買えずに券売機から離れる人もチラホラ。


この光景が見れて一気に気が楽になったのがはっきりわかりました。


(こういうのってよくないんですけどね)


少し冷静になれたおかげで、何とか切符を買うことができました。


f:id:naRTmo:20190402023230j:plain


新幹線乗り場には出発15分前には到着できましたので、これで現地の集合場所には到着できそうです。


ホっとしたのもつかの間、購入した新幹線のチケットを見てみると、アレ。。。


指定席を取った(取りたかった)はずなのに、購入した切符は自由席でした。ガーン!!


購入したかった席は購入できず、東京駅始発だったので席には座れたので良かったのですが、帰りの自由席は座れない可能性もあるので、必ず指定席を取って帰ろうと心に決めました。


*結局、帰りの新幹線の切符も券売機で購入したのですが、指定席が購入できず一緒に帰る方に教えてもらいました。


本当に恥ずかしー


新幹線に慣れている方にとっては当たり前のことかもしれませんが、私のような初心者だと券売機での購入は難しいのではないでしょうか。


慣れている方は、券売機でモタモタしている方がいても、レーザービームのような目線を背中に当てることだけはやめてください。


めちゃくちゃ痛いです。ホントに。


初心者代表として、よろしくお願いします!!!


ではでは~