気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

閲覧注意!「寄生獣」から人間の意味を知る。

こんにちは。


寄生獣という漫画を知っていますか。


結構昔の漫画にはなりますが、平成が始まった頃に登場した漫画です。


平成が始まった90年代は、2000年が近づくということもあり、「この世の崩壊が近い」とか「世紀末」という単語をよく見かける程、人間の価値を改めて考えさせられることが多かったような気がします。


ちょうど同時期に始まったアニメが、エヴァンゲリオンだったのも偶然だったのでしょうか。


この漫画の特徴は何といってもグロテスクな表現です。


例えば・・・


人間を食べる描写がある。
人間が八つ裂きにされる描写がある。
パラサイトに寄生された人間は、殺人鬼のように人を殺す描写がある。


などなど、気持ちを強く持ってないと耐えられない漫画なのかもしれません。


ただ、この寄生獣は非常に評価されており、このグロテスクな部分が評価されているのではなく、このパラサイトに寄生された人間と関わることで、殺人鬼のように人を殺しまくるパラサイトよりも、実は人間のほうが悪魔なのではないかと思えてくるところが非常に魅力があります。


主人公もパラサイトに寄生されるのですが、運よく右手のみ寄生されたおかげで、人間のまま、右手のみパラサイトという、非常に特殊な人間になります。


その右手とのやり取りによる、主人公の考え方の変化。


人間という存在自体がパラサイトよりも、グロテスクな存在と思えるシーン。


そして、本当のパラサイトの存在とは。


グロテスクで近寄りがたい漫画なのかもしれませんが、改めてパラサイトと人間のどちらが本当の悪魔なのかを考えさせられるとっても哲学的で面白い漫画です。


興味があるかたは是非読んでみてください。


主人公のように人間の見方が変わるかもしれませんよ。


ではでは~


寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(2) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(2) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(3) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(3) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(4) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(4) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(5) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(5) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(6) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(6) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(7) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(7) (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(8)<完> (KCデラックス)

寄生獣(完全版)(8)<完> (KCデラックス)

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット