気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

生ビール、発泡酒、第三のビールの違い。ビール好きなら知っておきたい豆知識!

こんにちは。


先日、キリンビール工場に見学い行ってきました。


その時のブログがこ・ち・ら。


www.nartmo.com


工場見学の最後に、ビールの試飲ができるのですがイメージしていた試飲とは全く異なっていて、キリン一番搾り、キリン一番搾りプレミアム、一番搾り黒生がきちんとそれぞれビール1杯頂きました。


最高のひと時です!


最高のビールを飲みながら疑問がひとつ。


これって生ビールだけど、生ビールって何だっけ・・・


ビールサーバーからついでもらったビールは生ビールだけど、缶ビールは生ビールなのか。


こんなちっぽけな疑問について書いていきます。

生ビールとは


今回のようにビールサーバーから提供されるビールや、居酒屋で提供されるビールのみが生ビールと思っている方も多いのではないでしょうか。


実は、缶ビールも生ビールになります。

生ビールと普通のビールの違い


ビールを作る過程で、ろ過と熱処理を行う必要があります。


これは、酵母による発酵の進行を止めて、品質の劣化を防ぐためです。


しかし現在は、酒造技術が向上したため、ビールの熱処理を行わずにそのままビールをパッケージングすることが可能になりました。


この、熱処理を行わず、醸造後そのままパッケージングしたビールを、生ビールと呼んでいるのです。


そのため、みなさんが思い浮かべるビールのほとんどが生ビールになります。


生ビールではない、熱処理されているビールの方が珍しいことになります。


サッポロラガーやキリンクラシックラガー、アサヒスタウトは、生ではない昔ながらの製法で作られているビールになります。

発泡酒とは


発泡酒はビールと似ていますが、少し違います。


発泡酒とビールの違いは、使われている原料(麦芽)の比率が違います。


麦芽の比率が50%以上ならばビール、50%未満なら発泡酒と酒税法で定められています。


発泡酒の方がビールよりも安いのは酒税法が関係しています。


発泡酒はビールよりも税金が安いため、ビールよりも安価で販売されているのです。

第三のビールとは


ビールといえば「麦」というイメージが強いですが、第三のビールは麦を使用していないため、正確にはビールでも発泡酒でもありません。


ビール風味なお酒といったところでしょうか。


また、麦芽を使っている第三のビールもありますが、スピリッツと混ぜているため、リキュール扱いになります。


このように、第三のビールはかなり特殊な立ち位置にあるビールとなります。


第三のビールは、ビールに区分されないため税金が安く、安価で提供することができます。

最後に


今まで、何となく飲んでいたビール。


生ビール、発泡酒、第三のビールの特徴や、値段の違いなどが理解できてスッキリしましたね!


なんとなく飲んでいたビールが、実はビールではなかったなんて今の今まで気づきませんでした。


ビールのことを調べていると、今度はビールの4大メーカーのビールの味が非常に気になります。


キリンビール工場で試飲した、キリン一番搾りと、キリン一番搾りプレミアムの飲み比べをしましたが、明らかに違いがわかりました。


ビールの味音痴な私でもはっきり違いが判るレベルです。


ホップの香りと味が、通常の一番搾りとは全く違います。


東北産の「IBIKI」の第一等品をふんだんに使用しているようです。


ホント???


と思う方は一度飲み比べをしてみて下さい。


全く違います!!!


ではでは~