気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

ダイエット中の気になるカロリー。美味しくビールを飲むために知っておくこと!

f:id:naRTmo:20190515022802j:plain


カンパーイ!!


こんにちは。


長いゴールデンウィークも終わり、徐々に夏の陽気になってきました。


東京の5月の平均気温は23℃。ほど


6月になると平均気温は3℃上昇し、26℃ほどになります。


夏日となる日も多くなり、いよいよ夏がやってきます。


夏と言えば、プールや海や花火ですが、何といってもビールがうまい!!


気温が25℃を超えるとビールの売り上げが上昇するというデータもあります。


暑い日のキンキンに冷えたビールは格別ですよね。


ただ、ダイエット中はカロリーが気になって、なかなかビールに手が伸びないのではないでしょうか。


今回は、ビールのカロリーと相性のよいおつまみを紹介します。

ビールのカロリー

アルコールのカロリーは熱として放出されるので、体脂肪にはなりにくいと言われていますが、飲み過ぎはカロリーオーバーになります。


発泡酒やカロリーオフのビールに切り替えながらおいしくお酒を飲みましょう。

ビール


一番人気の
生ビール中ジョッキ・・・200Kcal

缶ビール350ml・・・140Kcal

ビール大瓶630ml・・・252Kcal

発泡酒


発泡酒350ml・・・158Kcal

発泡酒350ml(糖質0%)・・・98Kcal

発泡酒350ml(糖質70%オフ)・・・102Kcl

発泡酒350ml(カロリーオフ)・・・74Kcal

オススメ!ビールのおつまみ


ビールの飲む量もそうですが、高カロリーになる原因の一つがビールと一緒に食べるおつまみです。


高カロリーにならないように、賢くおつまみを選びましょう。

漬物・枝豆・冷奴はおつまみ三種の神器

f:id:naRTmo:20190515023210j:plain


食物繊維やビタミンが豊富な漬物や、枝豆や冷奴はのように、高タンパク質で低カロリーな食品を取り入れることで、おなかを満たしておくとカロリーセーブになります。


唐揚げやフライドポテトなどもビールに合いますが高カロリーです。


我慢するのもありですが、ストレスを溜めては元も子もありまません。


揚げ物は一品と決めて、あとは、ヘルシーなおつまみに戻りましょう。


お魚や、煮物などもオススメです。

締めのごはんモノ、スイーツは我慢


ごはんモノやラーメンも締めの定番ですが、高カロリーの根源ですので我慢しましょう。


また、スイーツも食べたくなりますが、ここはシャーベットのような低カロリーを選択しましょう。

最後に


最近では、様々な種類のビールが販売されています。


ダイエット中でもビールが飲みたい!


こんな時でも、「糖質オフ」「カロリーオフ」のビールを選択することで、無理なくダイエットが続けられます。


これからビールがおいしい季節がやってきますので、無理なくストレスなく、おいしいビールを楽しみましょう。


ではでは~