気の向くままに歩き続ける.log

気の向くままに、日ごろの気になることについて綴れたら最高!

大人も感染!アデノウィルスの症状と回復までの経緯。

こんにちは。


熱が上がったり下がったりして、市販の風邪薬を飲んでもイマイチ効きが悪く、風邪なのかと思っていました。


何度か病院にいきましたが・・・


内科の先生には、


微熱が続いていること


喉が痛く鼻水が出ること


頭がズキズキする事


を伝えてみましたが、風邪との事で薬を貰って数日きちんと飲んで様子を見ていました。


数日経っても、全く良くならず再度病院へ。


同じ内科の先生に、薬はきちんと飲んではいるが一向に良くならない事。


微熱が続いているせいで、身体がだるく、手足が冷える事を再度伝えると、先生も少しおかしいな、と思ったのか血液検査をする事に。


血液検査を行う場所へ移動し、看護婦さんに呼ばれ血液検査へ。


血液を抜く準備をしている時に、看護婦さんから、


「もしかしたらアデノウィルスかもねー」


と言われた様だが、その時はアデノウィルスの存在を知らなかったので、完全に話をスルーしてしました。


体調も悪く、話をしている余裕もなく私はぐったり状態。


血液を抜いてもらったが、検査結果が出るまで少し時間がかかかるため、血液検査を行った場所のベットで寝かせてもらう事になった。


身体が非常にだるかったため、これは本当に助かりました。


少し目を閉じて、もしかしら少し寝ていたかもしれませんが、看護婦さんに呼ばれる声がして、目を開けると血液検査の結果が出たとの事。


早速、さっきの内科の先生の所へ行って結果を聞くと、


アデノウィルスに感染しているとの事。


アデノウィルス⁈


どうやら、私はアデノウィルス感染症にかかっていたようです。

アデノウィルスについて

アデノウィルスは、呼吸器、目、腸、泌尿器などに感染症を起こす原因ウィルス。1953年に発見されました。51の型に分類され、病気と関係が深いのは1〜8型です。多くの型があるため、免疫がつきにくく、何回もかかる事があります。


出典:感染対策コンシュルジュ


インフルエンザのA型、B型のように、アデノウィルスにも50種類以上。


種類によって症状も違ってくるようです。

症状について


私の場合は、咽頭結膜熱(プール熱)でした。


37度前後の微熱の間を4~5日続き、喉の痛みと結膜炎が起こるようですが、私は結膜炎の症状はありませんでした。


他にも、流⾏性⾓結膜炎胃腸炎出血性膀胱炎などの症状があります。

感染経路について


インフルエンザは空気感染しますが、アデノウィルスは空気感染はしません。


同じ物を使ったり、くしゃみによる飛沫感染もあるようです。


プールの水でも感染するので「プール熱」とも呼ばれています。


私の場合、感染経路は全く不明で、もしかするとどこかで、アデノウィルスに感染している方から貰ったかもしれません。


インフルエンザの様に感染力が同じくらい強いため、医療機関の許可が降りるまでは、出勤停止!!


また、症状が治まっても2日経過後でないと、出勤できないと言われました。


内科の先生の許可が無いとダメって事ですね。

治療について


感染症のため、抗生剤などの治療はなく症状に合わせた対処療法になります。


食欲はあったため、ご飯はよく食べれるので薬は良く効きそうです。

予防と対処方法について


基本は手洗いて、十分な石鹸でしっかり手洗いしましょう。また、その後に、アルコール消毒液を使えば尚良いです。


タオルの共有は避け、アデノウィルスは熱に弱いため、感染者が使ったタオルは85度の熱水で1分間以上選択すれば消毒できます。


また、アデノウィルスは環境で10日以上生きている事もあるため、こまめな室内の消毒も行いましょう。

まとめ


高熱が出れば、すぐに気付くかもしれませんが、「微熱が続く」や「少し体調が悪い」などで、市販の風邪薬を服用して、病院へ行かないというケースが怖いなと思いました。


明らかに体調が悪いと気付くわけでもなく、何となく体調が悪いなと感じるのが、アデノウィルスの難点です。


気づかないままで過ごすと、職場や学校、家庭で感染者が増え、感染者が感染している事に気付きにくいため、回復の遅れにも繋がります。


少し体調が悪いと思ったら、個人で判断せずに、まずはお近くの医療機関で受診する事オススメします。


少しでも、アデノウィルスについてお役に立てれば幸いです。


ではでは〜


www.nartmo.com